エステスクールでエステティシャンの資格を取得

エステティックスクールについて

 

「人から癒される」側から、「人を癒す、人から感謝される」仕事として、エスティシャンになりたいと思っている方もいらっしゃるでしょう。

 

エスティシャン、という仕事は、「手に職を持つ」という事です。

 

ストレス社会と呼ばれる今日、人々は癒しを求めています。

 

実際にエスティシャンを志望されている方は、以前に自分がエステに行った事があり、実も心も癒された経験がある人が多いです。

 

そして、自分に優しくしてくださったエスティシャンの姿を見て、自分もそうなりたいと感じる方も多いようです。

 

エステスクールには、大きく分かれて3つの学び方があります。

 

@エステサロンが経営する、スクールに行ってライセンスを取得する

 

Aエステ・美容関連の専門学校で、エステの知識を学ぶ

 

B通信教育でエステの資格を取る

 

こういったパターンがありますが、すぐに資格を取得後、エステサロンに就職する事に結びつく方法は、やはりサロン直結のスクールでエスティシャンの技術を学ぶ事でしょう。

 

コースは早ければ3か月程度で終了するスクールもあります。

 

コースの内容は、リフレクソロジー、体の機能についての知識、カウンセリングの仕方、またサロンによっては実際にシュミレーションを行いながら、エステの技術指導を行うスクールもあります。

 

エステティック、といっても、エステサロン直結のスクールで学ぶ以外の場合ですと、専門的な知識、つまり、自分がそのエステに関しての技術を取得した後に、どういったサロンで勤務したいか、という目的意識を持つ事が大変重要となってきます。

 

例えば、「エステ」と一言で言っても、カイロプラクティック(整体)を兼ねたエステサロンもありますし、美顔専門のエステもあります。ネイルサロンとハンドケアを中心としたサロンもエステティックサロンの分野に含まれる訳です。

 

大手チェーン店エステ、「ミス・パリ」「たかの友梨」などでは、エステティックのフルコースを学べるカリキュラムを設定し、スクールを開いているようです。

 

限定された「〜式リフレクソロジー」などというような手法を学びたい方は、それを実施しているサロンで、実際にスクールがあるかどうか調べたり、問い合わせをすると良いと思います。

 

又、中途半端な気持ちでは「エステスクール」は「学校」ですので、学費等も前もって計画しなければいけません。

 

美容の分野、エステの分野で自分はプロになるのだ、というしっかりとした心構えを持って、スクール選びをされた方が良いかと思います。

 

エステスクールでエステティシャンの資格を取得関連記事