英国式リフレクソロジー 東洋ツボ押しエステ

リフレクソロジーについて

リフレクソロジーという言葉を、町の広告やエステサロンで見かけることも多くなりました。

 

リフレクソロジーとは「reflex(反射)」と「〜logy(学問)」を掛け合わせた言葉で、反射学という理念に基づいて、今では英国をはじめ、東洋、又、欧米ではリフレクソロジーを末期看護として医学に用いています。

 

反射学と言われても、一般の私たちにとってはなじみの薄い言葉だと思います。

 

実際リフレクソロジーを体験された方ならお解かりと思いますが、主に施術部分は足裏などのツボの集合体、これが「反射ゾーン」といわれます。

 

生きている限り、血液が体を循環します。

 

血液は、体全体に行き渡る過程で、全身の細胞や組織に酸素や栄養素を与える役割を果たし、その際に不純物(老廃物)などを受け取り、また心臓に戻る、というサイクルで血液が流れます。

 

血液の流れが悪い、という事は、つまり体のサイクルがうまく循環していない事を表し、当然リンパも滞っている状態です。

 

それが、疲労や肩こり、頭痛、むくみなどの要因に繋がるわけです。

 

リフレクソロジーを体験された方は、足の裏のツボ押し、などを経験されたかと思います。

 

「足は第2の心臓」と呼ばれ、そこに無数のツボが集中している訳です。体の機能を、リフレクソロジーのツボ刺激で目覚めさせ、人が本来持ちうる自然治癒力を戻すというのが目的です。

 

リフレクソロジー1つとっても、今では英国式、中国式、タイ式、とリフレクソロジーの分野は世界を巡ります。

 

それほど効果が高いのかも知れません。試す価値はありそうです。

 

しかし、東洋式リフレクソロジー、と西洋式では、リフレクソロジーを行う際の力の入れ加減が違います。

 

確かに東洋医学で行われている、中国、などのリフレクソロジーは、本当に痛いほどに力を入れます。

 

しかし、東洋の感覚ではそれが「痛いけれど気持ちいい」というとらえ方で、それはそれで人気があります。

 

西洋式リフレクソロジーというのもありますが、これは逆に非常にソフトなタッチで、主に日本にあるサロンで大半を占めているのは「東洋式・英国式」ですが、本場の東洋の技術を学んだ方の施術というのは、大変本格的なものですと、驚くほどの力を入れてツボを押しますので、施術前にご自分の希望を伝えておいた方が良い場合もあります。

 

サロンによっては、リフレクソロジーを極めて、日本人向けに良く知られる「英国式リフレクソロジー」専門で、リンパの循環向上と、ヒーリングを目的にしてサロンを展開している場合もあります。

 

英国式リフレクソロジー中心のサロン「RAJA」では、サロン独自で開発した、登録商法として、「ホリスティックリフレクソロジー」というう、足裏だけでなく、全身のリフレクソロジーを行ってくれるサロンもあります。

 

体が何となく重い、疲れが取れないと言う方には良いかと思います。

英国式リフレクソロジー 東洋ツボ押しエステ関連記事