リラクゼーション マッサージ サロンの評判

リラクゼーションについて

今の美容やエステにおいては「リラクゼーション」という言葉がひんぱんに使われています。

 

リラクゼーションという言葉の意味は、「緩和」する、痛みやコリを「緩和」する、また、くつろぎ、気晴らしというのは、エステやサロンに行く事で、あわただしい毎日から解き放たれ、ホッとくつろぐ、それが気晴らしとなって、明日から又頑張ろう、というエネルギーを貰うというような意味も含まれているかも知れません。

 

紹介されているリラクゼーションも、そのサロン独自の工夫を凝らした「リラクゼーション」をお客様に提案する、という事で内容も様々です。

 

人間は「五感」という物を持ちます。視覚、聴覚、嗅覚などが五感に含まれますが、サロンというのは一歩足を踏み入れますと、まさにそこは癒しの場です。

 

視覚を満たすという事にもつながりますが、貴女だけに特別な時間をご提供しますよ、といった意味で、ホテルなどに設けられているサロンなどもそうですが、ヒーリングスペースとして、内装も落ち着いた「リラックス」の場として優雅に落ち着ける、品格のある内装が施されているサロンもあります。

 

そして、聴覚。エステサロンではBGMにヒーリング音楽や、小川のせせらぎ、鳥のさえずり、など気持ちをゆったりさせてくれるようなイメージを演出してくれるサロンも多いです。

 

確かにガヤガヤと騒がしいサロンでは、ヒーリングの意味にはなりません。

 

そして施術ですが、リラクゼーションと呼ばれるサロンは、施術を受けている間、また施術が終了した後は、重苦しかった体の痛みをマッサージやリンパドレナージュで和らげたり、アロマ効果のあるジェルや、嗅覚を満たしてくれるようなたっぷりとしたクリームバスで、身も心も癒された気分になります。

 

全身でリラクゼーションが受けれるスパ、また体の疲れを取ってくれるゲルマニウム温浴、パソコンやデスクワーク、家事などでお疲れの手を十分に揉み解してくれるハンドケア、などリラクゼーション1つとっても、目的は様々ですが、自分がどういった「癒し」を求めているかによって、リラクゼーションのサロン選びも変わって来ると思います。

 

一時期話題を呼んだ「酸素バー」などでは、酸素を体に取り入れる為、個室で酸素のカプセルに入って、1人だけの静かな空間で酸素を取り入れるといった物ですが、「1人でくつろげる、自分だけの至福の時間」というのもリラクゼーションの1つと言えます。

 

目的によって、料金も異なってきますので、自分だけの価値観で、たまの休日にリラクゼーションを堪能してみてはいかがでしょう。

リラクゼーション マッサージ サロンの評判関連記事