ドイツ式フットケアサロン 糖尿病との関係

フットケアについて

今は靴屋さんを見ても、素敵なミュールやパンプスが並んでいますね?どうせなら、靴に負けないように、ぴかぴかに磨いておきたいもの。

 

近年では、脚も肌と同じように「お手入れ、ケア」をする事をエチケットと考えて、フットケアに行く女性が増えています。

 

フットケアには主に2種類あり

 

@ボディ、フェイス同様、スキンケアとしてのフットケア

 

A脚の矯正、骨盤など骨の仕組み、外反母趾などの防止としてのフットケア

 

大きくこの2つに分けられます。確かにヒールやパンプスなどは、デザインが豊富なのですが、足の機能としての事を考えますと、長時間歩いたり、立ち仕事の多い方などにとっては、ちょっと問題があります。

 

ヒールなどで「ヒールだこ」ができてしまったり、足に合わない靴を履いていることにより、足の親指から足の甲にかけて、骨がゆがんでしまう「外反母趾」なども起こります。

 

ヒールだこや外反母趾になると、足の裏の角質も常にたこのように皮が厚くなり、ヒールを履くと大変痛いです。

 

しかも、変にクセがついているような状態が続きますので、足の血行も悪くなって、足のむくみが慢性化してしまうという訳です。

 

魚の目や角質除去、外反母趾のケアのフットケアは、してもらうのとしてもらわないのとでは、普段ご自分では足のケアまで気が回らない、忙しいと言う方が大半だと思いますので、、ぜひお勧めのケアです。

 

サロンによって、施術は若干異なりますが、フットバスでゆっくりと足の疲れを取り、角質を柔らかくするように足浴をします。

 

その後、スパチュラ、という角質除去のためのバーで、硬くなってしまった足の角質や、タコなどを丁寧にそぎ落としていきます。

 

その際、美脚効果を目的としたサロンでは、角質を滑らかにするアロマオイル配合のジェルを使用したり、大抵のサロンで足裏をなめらかにするような薬品を使用しますので、痛いということはまずありません。

 

角質や外反母趾の改善エステでは、脚のラインを矯正するために、更にフットマッサージも行います。

 

骨の矯正的な施術を行う場合もありますので、この場合は何回か施術に通う場合があります。

 

美脚効果や、脚そのものの美しさを中心と考えるサロンでは、脚を清潔に美しく保つために、ゴマージュ(スクラブ効果のあるジェル)で足裏や甲を丹念にマッサージして、さらに足の表面的な汚れを除去したりもします。

 

簡単なものですと、1回3000円程度で、角質やタコが除去され、かかともなめらかに整えられ、今までに比べてヒールなどを履くのもラクになるでしょう。

 

しかし、あまりにも外反母趾が悪化している場合ですと、フットケアサロンよりも病院の方が適している場合もありますので、普段から足に合わない靴は避ける、などの工夫も必要となります。

ドイツ式フットケアサロン 糖尿病との関係関連記事